渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

牛乳石鹸CMの心苦しさに共感するし、広告として成功では?

ここ数日「牛乳石鹸」のワードをやたら見かける秋です。

普段こういう炎上騒ぎに乗っかるタイプではないんですけど(そもそも知らないことが多いし)、気になっていくつかブログを読んでるともやもやしてきたので、私の考えをここにまとめてみたいと思います。 

 

 

web広告としては成功の形では?

騒ぎとなっている元広告はこちら。


牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

 

最近公開されたものかと思えば2ヶ月前のものらしいですね。このタイムラグは何でしょう?と気になるところですが、今回の話の本題ではないので置いておきます。

 

広告内容が以下のニュースサイトにまとまっていたので、引用します。

6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

 動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

 ここで、男性の心情を表したかのように、

  「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

とのナレーションが読み上げられる。

 その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

 飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

  風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。

 

広まった時点で広告としては機能してるじゃん

私は余計なモノを持たない生活をしていて、部屋にはテレビもネットもありません。 

Twitterもやりませんし、ユーチューブを自発的に見る機会など皆無です。

そんな私のところにもこの広告に関する話題は入って来ますし、気になって本編を思わずクリックしましたよ。「へぇー、牛乳石鹸ねぇ」と商標名を何度も見て、検索までしてるわけですから、広告としては成功なのではないでしょうか。

 

「感想を言いたい」余地があるから拡散される

情報があふれる今の時代、「全方面から称賛される素晴らしいもの」って埋もれちゃうのが自然でしょう。

面白い広告を見つけたからって、シェアくらいはするかもしれませんが、自分で記事を書こうとは思わないです。 こうしていろんな人が感想を言って、その感想がまた感想を呼んで、世間の流行に疎い私のところまでやってくるわけですから。

 

「全部称賛の声」も広まりませんし、「全部否定の声」も広まらないでしょう。

誰がどうみてもおかしいことは、たまたま目に入ったとしても「あほらし」の一言で終わるでしょう。

具体的な感想は次のセクションに書くとして、主人公と反対属性にも関わらず私はこの主人公に共感しましたよ。あ、これを書いてる秋は20代の学生で女です。

賛否両論の声があることを折込済みで、製作者は世に公開したのだと想像します。

 

騒ぎっていつまで覚えてるの?

先ほどのニュース記事にもあるような「不買運動だ」と騒いているような人も、半年後一年後までこの騒動を覚えているのでしょうか。

去年何か騒ぎになったっけ?と検索したところ、資生堂の "女の子じゃない" のやつが引っかかりましたけど、皆さんは覚えてましたか?私は「なんのこっじゃ?」状態ですけど、最初から知らなかった可能性も大きいです。

だから、メーカー側から想像して、別にダメージになってるとは感じないんですよね。いやどうでしょう?問い合わせが殺到してその対応に追われてるのでしょうか?

 

少なくとも、「今まで知らなかった層にまで商標名を届けた」「一定数共感者も得られた」この2点をもって、私はこの広告は成功してると考えます。

 

不器用な人の苦悩をうまく描写してるよ

内容に関してみてみましょうか。私が本編を見終わって最初の感想は「この主人公って不器用だなぁ」の一言です。

周りと上手くコミュニケーションが出来ず、称賛される立場にはいないし、そこから抜け出すこともできない姿が丁寧に描写されていると思います。

 

分かっていても出来ないことってあるよ

「息子の誕生日だから早く帰る」のが正解でしょう。でも仕事先の人間関係も気になってしまって仕方がないのでしょう。

「家族からの電話に出る」のが正解でしょう。でも上手く説明できないから「無視する」という選択肢になったのでしょう。

「風呂場に逃げ込むのではなくちゃんと向き合う」のが正解でしょう。でも主人公は自分の中のもやもやを整理しきれてないから、話し合いもできないのでしょう。

私はこの主人公の行為自体は適切ではないと思いますし、本人もそう思っているから風呂上がりに「ごめんね」の声があるのでしょう。

 

妻目線からみたらイライラする気持ちも想像つきますよ。でもこれが、この主人公にできる今の精一杯じゃないのでしょうか。

 

このCMに対して批判する人はそんなに完璧な人間なの?

この主人公に対して「ありえない」という人はそんなに完璧な人間なのでしょうか?

いろいろブログをめぐっていると「こうしなければいけないのに、してないからダメ」との意見が多くて私は疲れました。

いくつか引用して意見しようかと思いましたけど、思いの他疲れたのと、結局話が平行線になりそうなので辞めます。

 

代わりに、このエントリーが私の気持ちに一番しっくり来たので載せておきます。
 

一部引用します。

この話は結局「時代について行こうとしてるけどついて行ききれない男」の話なんですね。

うんうん、切ない話じゃないですか。

 

「時代にさくっと乗れた」のだったら良かったのでしょう。あるいは「こっちの方が正解」と振り切れていればそれも悩みはしないでしょう。

この主人公が父親にあこがれも見せるのは「父親には"仕事を最優先する"という目印があった」からで、主人公はそれをまだ見つけてないから揺らいてるんでしょうね。

 

ちなみに私は "仕事を最優先する" という価値観があっても良いと思っていますし、さらに言えばそれは私の価値観と近いんですよね。 

これは余談です。

って、だから私は女だけどこの主人公に共感を覚えてしまうのかもしれませんね。

 

悩みながらも、日常は簡単には変わらないけど、それでも前に進む

石鹸の話はいつするんだって感じですが、私は「お風呂場のシーン」結構いいなぁと思いましたよ。

よくある「このドリンクをのんだら一気に元気」とか「このメイクをしたら一気にモテモテ」とか、そういうコミカルな演出はなく、お風呂を出ても現実は特に変わっていません。次の日も同じゴミ出しのところから日常が始まります。 

 

先ほど紹介した記事を一部引用します。

さ、洗い流し……

 
てええワケがないだろうが!!!!!

何故その結論にした!?

 

洗い流すって何を?


悩んでる自分自身を洗い流すの?
いや、悩まないとダメでしょ。
良い父親像を模索するしかないでしょ。

 

過去の価値観を洗い流すの?
かっこよかったオヤジ像流しちゃうの?

 

現代の価値観を洗い流すの?
そりゃ炎上して当然だわな!!

 

「風呂入るまでの出来事」を洗い流すの?
飲みに誘われた部下はただの被害者かよ!

 

……うん。
要するに、話が全く繋がらないんですよ。

 

私はここ「止まってしまった時を動かす」「フリーズした心を洗い流す」と解釈しました。こう考えたらスッキリしませんか? 

 

主人公は直前まで、怒っている妻を目の前に、でも自分の揺れ動く価値観を上手く説明できなくて、一種のフリーズ状態になったのではないでしょうか。

「自分が間違ってる」の思いもあるから言い返すこともできない、どうすればいいのか自分でも分からないから、「風呂入ってくる」とその場を去ることがケンカを避ける精一杯だったのではと予想します。

お風呂シーンは「ちょっとたんま」と時間を止めている感じでしょうか。で、石鹸で体を洗って、止まってしまった時間を進める、みたいな。

 

日常は簡単には変わりませんし、どうしていいのか分からなくなることも多くあるのでしょう。「そこから少しだけ逃げて、でも最後はちゃんと現実に向き合おう」ってのがこの広告の主張で「その手助けを石鹸がするよ」との宣伝かと私は解釈しましたが、どうでしょうか?

 

あとがき

ここのところ似たような結論が多くなってますが、この記事もようは「もっと多様性に寛容になったら?」と提案するものです。 

「こうしなきゃいけない」「これが絶対正解」と主張し続けてもみんな疲れてちゃうんじゃないですかね。

最後までお読みいただきありがとうございました。