渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

月3万で最低限に暮らせて、5万でゆとりある生活に、10万もあれば大学に通えるよ

タイトル通りです。今回は地方に暮らすミニマリスト学生である私、秋(シュウ)の経済事情を皆さんにご紹介したいと思います。

「理系学生」のカテゴリーに入れてますが、理系はあんまり関係ないですし、学生に特化した話でもないです。ただ、もしお金の面で進学を悩んでいる人がいたら「お金なんてどうとでもなる」と私は言いたいです。

今回は概要の説明ですが、「自己負担なしで留学する方法」や「アルバイトする時間0でも暮らせる方法」を私は知っていますし、実践してきたので、そのうち詳しい情報は記事にまとめる予定です。

興味がわいてきましたか?どうぞ最後までスクロールしてってくださいな。

 

 

月3万で暮らす方法

家賃関連1万、食費1万、その他1万、の配分で最低限暮らせる、とは思っていますが、まぁ楽しくはないですよね。病気やケガになったら詰みますし...

ここのラインを目指しちゃダメですが、とりあえず参考に書いておきます。

 

シェアハウスやルームシェアを利用する

生活費の大きな割合を占めるのが家賃ではないでしょうか。そして都会と地方で一番大きな差が付く部分です。

 

私は家賃・共益費・光熱費コミコミで1万円の共同アパートに以前住んでいました。詳しいエピソードは↓以下からどうぞ↓ 

このアパートを見つけられたのは「ラッキー」だと思ってます。人気があって空き部屋が出てもすぐに埋まるんですよね。

後は一般のアパートをルームシェアすれば半額です。可能なところはわりとあるので考えても良いかもしれません。

 

自炊する、お弁当を作る

食費も大きいですよね。完全に自炊すれば、なんとか1万円に収まると思います。

安いのも大事ですけど、健康はもっと大事です。バランス良くいきましょう。

業務スーパーには今も大変お世話になっています。

後は、居酒屋でバイトしてた時はまかないを、家庭教師をしてた時はちゃっかり夕飯をごちそうになってたりもしました。

 

通信費や娯楽費は限りなく0に

ネット環境はありませんし、格安SIMの利用で通信費は月1000円とか2000円のレベルになります。  

そこに生活必需品が数千円で、保険料も数千円でしょうか。 

  

都会じゃ難しいだろうし、雪国も冬は光熱費が加わるので...

都会ですと、学生向けのボロアパートでも5万円くらいでしょうか。移動に電車を使うとなるとそれも大きいでしょう。

しかも先ほどの話も夏限定で、雪国は冬は光熱費が2、3倍になりますので、あんまり現実的な話ではないです。

実際私も3万で暮らしてた月もありますけど、続きはしないです。

 

月5万生活での平均支出

ということで、私の月の平均支出は5万円です。

  • 家賃+光熱費:2万
  • 食費(外食含む):2万
  • その他:1万 

ちょくちょく遊びに行く余裕はありますし、趣味に費やすお金もありますね。 

これは私が「物心ついたときからミニマリスト的な生活を送ってきたから」というのがあります。

物欲が人よりはだいぶ低いです。意図して節約してるわけでは無いんですよね。

次に紹介しますけど、「自由に使えるお金が増えた時期」もあったのですけど、結局は月5万の生活水準を保っていて、お金の多くは貯金していました。

まぁ、だから1年間ニート生活してても詰まなかったわけですけど。

 

一人暮らしを始めてからの秋の経済事情

大学進学と同時に一人暮らしを始めてます。仕送りは一切ないですよ。

  • 学部生時代:アルバイトいろいろ掛け持ち(月10万くらい) ←結構ギリギリ
  • 修士課程:給付型奨学金(月15万)+ 学費免除 ←月10万くらい貯金してた
  • 休学時期:貯金を切り崩す生活
  • 博士課程:学内のアルバイト(月6万) + 学費免除 ←保険として貸与型奨学金も申請したけど、全く手を付けてない

 

 私の自己紹介的なもの、休学の話などは↓こちらからどうぞ↓

 

修士とか博士って何?と思った方は↓こちらの記事↓も読んでね。

 

学部生の時は学費免除も奨学金も通らなくて、完全にアルバイトで生活費+学費を稼いてました。でも、なんだかんだでサークルやる余裕もあったし、休みには旅をしてたしで、充実はしてたんですよね。

勉強もちゃんとしてましたよ。だから大学院に進学する時に「返済不要の奨学金+学費免除」の資格が得られて「よっしゃー、研究に専念できる!」とか喜んではいました。まぁその後は休学のエピソードに書いたとおり、思いっきし転んだわけですが...

今現在は月6万くらいもらってて、普通に生活できています。

最初これと学費免除が通るか分からなかったので、貸与型奨学金(JASSO)も申請しました。無事両方とも通ったので、奨学金のお金は一切手を付けてないです。

上手くいけば卒業時に返済免除になるのを期待してる面はありますけど、うまくいかなくてもまぁ返済はできるでしょう。

 

普通か普通じゃないかと言えば、大多数じゃないことは自覚してます。

皆さんの参考になるかと言えば正直ビミョーかもしれませんが、「こんなんでも毎日楽しく暮らしてる人がいるよ」と物語として読んでくれたら良いと思います。 

 

あとがき:読者数増加ランキングなるものに載ったよ

さっき見覚えのないところから言及されて、「ん、なになに?」と思ったら(言及もidコールも一通り見に行くよ) 、こんなランキングが存在してたんですね。知りませんでした。

順位 増加数 現在数 ブログ               ユーザ             
42   98      122    渡り鳥になりたい id:SHUnoTORI

 

そういえばまだこのブログ、開設してからまだ一月しか立ってないので、平均が分からないんですよ。「こんなものなのかな」と思っていたんですけど、多い方だったんですね。

ひっそり始めたこのブログをネットの海から見つけて下さってありがとうございます、読者登録いただきありがとうございます。

自分が載ったのももちろん嬉しいんですけど、知っているブロブの方の名前もちらほら見かけて嬉しいです(早くイカの時代来ないかな...)。

 

ちょうどfeedlyのフォローボタンも設置したので、はてなの方もはてなじゃない方も、秋の話に興味を持ちましたらぜひぜひポチッとお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございます。