渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

ゴミ箱は置かない - 用途にあった買い物袋で代用すれば捨てる時も手間いらず

渡り鳥のように身軽に、いつでもどこにでもいけるようなライフスタイルを理想とする秋(シュウ) です。こんにちは。

このブログのタイトル、一度は変更したのですけど、しっくりこなくてやっぱり戻しちゃいました。

短い方が覚えてもらいやすいですし、限定しない方が話題に広がりがあった方が良いですよね、ね?笑

今回はゴミ箱関連の話をしたいと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

 

形の変わらないものは持ち運びに不便だ

「箱」と名前につくぐらいですから、一般的なゴミ箱は「特定の形状」を維持したモノではないでしょうか。でもそれってどこかへ移動するとき、不便ではありませんか?

安価なプラスチックのバケツ型のプラスチックに袋を被せて使う方が多いのではないでしょうか。

だったら、バケツはなくて、袋だけでいいじゃん?というのが私の発想です。

 

↓以前の記事に一度登場した私の部屋の写真です。

 

青丸のそれ。そう、それそれ。 

f:id:SHUnoTORI:20170703130806j:image

冷蔵庫(じゃなくて私にとってはカラーボックスだけど...)の横にマグネットフックをつけて、ぶら下げているのが部屋のゴミ箱です。箱じゃないですから、ゴミ入れの方が正確ですかね。

「ティッシュを丸めてっぽい」とはできませんけど、すぐ手の届くところにあるから、こまめにゴミを入れて部屋は散らかりません。

 

各種買い物袋をゴミ入れに使う

一般的な半透明なレジ袋は可燃ごみ入れとして部屋にぶら下げる他、カンやビンを集める時にも使っています。

 

f:id:SHUnoTORI:20170703130824j:image

このような非透明な袋はサニタリーなど、そのままでは出しづらいゴミ入れに。 

 

f:id:SHUnoTORI:20170703130851j:image

紙製の手提げ袋は紙ゴミ入れに。

いっぱいになればそのまま取っ手を持ってゴミ出しできるので楽です。ビニールひもで結ぶのって、めんどくさいじゃん。 

 

袋の上限を決めて余分にストックはしない

「いつか使うから」と全部貯めていたら、買い物袋は部屋中にあふれてしまいます。

だから上限を決めましょう。

私の場合は、紙袋が2枚まで、その他合わせて5枚まで。

f:id:SHUnoTORI:20170703130856j:image

それ以上袋が増えてもそのまま捨てるようにしてます。 

 

可燃ゴミ以外は玄関に置いてその場で捨てる

先ほどの紙製の手提げ袋、普段は玄関にあります。

f:id:SHUnoTORI:20170703130907j:image

写ってないですけど、その他のペットボトルやプラスチックの袋も、自治体指定のものを玄関に置いています。

そうすると不必要なもの、ポストに勝手にいれられるチラシ等を玄関でぽいっと捨てることができますし、朝のゴミ出しの時に忘れません。

楽なのが一番です。 

 

あとがき

私、いっつも夜の寝る前にスマホで翌日に公開予定の記事を書いているんですよね。

昨日、理系のレポートの書き方の記事を書いたのですけど「これで良いのかな...?」と公開をためらっている自分がいます。

個人ブログなんだから好きに書けばいいのは分かっているのですけど...やっぱりこういうライフスタイルの記事は気軽です。

出来上がりそうなものがあるのに、新しい題目で書き始めたのがこの記事です。ほら、いつもより短いですし。笑

いずれ、公開する気はありますよ...?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。