渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

好きなキャラのグッズは集めてます、そしてとことん使い倒します

ゲームやらアニメやらご当地キャラやら、実在のアイドルや芸能人でも良いですけど、皆さんの "好きなキャラクター" はありますか?

ミニマリストを文字通り「最小限の」と考えるとこれらのキャラものって生きていく上で必須ではないですよね。

一切ない、という人もいるかもしれませんけど、私はこういう個性の見えるものは大切だと思っています。

好きなキャラのグッズをほぼ全種集めているミニマリスト、秋(シュウ)の話をしたいと思います。

 

 

好きを超えて「大ファン」と言えるものに出会えた喜び

「歪みの国のアリス」というゲームはご存知ですか?

「ナイトメアプロジェクト」という会社からリリースされているゲームアプリです。 もう10年以上前のゲームなんですけどね。

今でこそスマホは一度購入済みであれば、機種変してもデータを保持できるのが一般的ですが、当時のガラケーはダウンロードアプリも写真や音楽もロックがかかっており、自由には移動できませんでした。今から思えばなんて不自由な制度でしょ。

というわけで、機種変の度にこのゲームを購入してましたよ。ええ、もう何度プレイしたことか。

……

ナイトメアプロジェクト様への愛を語り出すと軽く1万文字、いや10万文字は超えそうなのでここらへんにしておきます。(いつかは語る、絶対語るぞ)

今回の話の主題ではないですからね。とりあえず秋の大好きなものがあるんだーと思っておいてください。

 

今はゲーム開発に専念する方向性になったそうですが、昔は毎年のように公式グッズを発売してました。

限定商品だったり発売時期が悪くて入手できなかったものも(クリック合戦でしたよ?発売後数分で品切れとか…)ありますけど、一通りは持っています。

 

じゃーん。

f:id:SHUnoTORI:20170630185435j:image

今まで何回引っ越そうとこれから何回引っ越そうとこれは捨てるつもりはないですね。

まぁ、フィギュア等と違ってそんなにかさばらないのもあるかもしれません。全部合わせてもA4ファイルに入る量です。

 

好きだからこそとことん使う、大事に保管する方がもったいない

お気に入りのものを皆さん日常使いしてますか?

特にこのような限定グッズ(今では全然手に入らないものもある)の場合は、大事に大事に、カバーから出してホコリが入るのも嫌で、棚や押入れの奥に追いやってませんか?

そういうの、私はもったいないと思うんですよね。

入手できた、というだけで達成感といいますか満足感はあるかもしれないですけど、モノは使ってなんぼだと私は思います。

 

使っていくうちに当然汚れていきますし、傷はついていきます。

でもその方が世界に1つだけのオリジナルという気がして余計に愛着わきませんか?

 

「使うものと保存用と」2つ買う人もいるようです。

それも私はやってません。使うものがあれば保存用の出番はないじゃないですか。

ここらへんはミニマリスト的な考え方だと思います。

 

せっかくなので、秋の日常に溶け込んだグッズたちを紹介したいと思います。

 

クリアファイルは大学生の時毎日持ち歩いてた

f:id:SHUnoTORI:20170630185441j:image

A4のクリアファイルです。学部生の時に書類を入れて毎日持ち歩いてたました。

だからカドはボロボロです。これ以上使うとたぶん真っ二つに破れそうでしたので、別のものと置き換えました。

まぁ破れてもテープで補強するなりして使い続けますけどね。

第1線(日々持ち歩くモノを私はこう呼ぶ)からは引退しましたが、細々としたグッズたちをまとめるために使ってますし、すぐに取り出しできる場所においています。

 

下敷きはうちわがわりにパタパタと

f:id:SHUnoTORI:20170630185450j:image

これもA4の下敷きです。

下敷きでA4ってなかなかないんじゃないですかね?しかも材質がふにゃふにゃなので正直下敷きとして使えるものではないです。

 

ということで私の中ではこれは "うちわ"

です。

暑い時にパタパタして風を起こすあれです、はい。

 

ちなみに家にいわゆるうちわ型のうちわは無いですよ?

お祭りに行くと広告入りのものをもらう機会はあるのですけど、この下敷きを使いたいがために、家には持ち込んでいません。

ちなみに扇風機とかクーラーとかも無いですよ?

涼しさの根源は100%これ。

まぁ、ホラーゲームですからね。絵柄を眺めるだけで涼しくなります。た、たぶん…

 

ミニタオルは日常使い

f:id:SHUnoTORI:20170630185507j:image

これはわりと最近発売されたものです。ミニタオルです。

普通に日常使いしてます。

 

地図が印刷されていて、細かい文字も印刷されていたはずなんですが、何度も何度も洗濯するため、普通にはもう読めません。

でも良いんです、心の目で読めますから。笑

 

ハジとかもうボロボロなんですけど、破れるまで使い込みます。

そこまで使い切ったら気持ちよく捨てれそうじゃないですかね。

 

そうそう、壊れたり無くしちゃったりしたらそれはそれでいいやと思います。

それまで大事にできればいいかな、と思っています。

 

キーホルダーは鍵につけていつもポケットに

f:id:SHUnoTORI:20170630185513j:image

よくあるタイプ(?)のラバーストラップです。鍵につけて持ち歩いてたます。

 

え、鍵にUSBは変?

よく使うのでここが最適なポジションなんです。鍵の番号を隠してくれてますしね。笑

 

f:id:SHUnoTORI:20170630185518j:image

裏には企業名やキャラクター名が入ってたはずなんですけど、これも日々使っているうちにキレイに消えてしまいましたとさ。

 

一番のお気に入りは部屋の真ん中に

f:id:SHUnoTORI:20170630185528j:image

そしてこれ、フィギュアストラップです。

部屋の蛍光灯のストラップにつけています。もう少し近づけてみますね。

 

じゃーん。

f:id:SHUnoTORI:20170630185525j:image

猫の生首です(断面もリアル)なんですよ。

ホラーゲームだって言いましたよね?

 

さっきのラバーストラップみたいにデフォルメされたものも良いんですけど(外で持ち歩ける)、こう原作通りのホラー感を醸し出すグッズの方が好きです。

 

引かれそうなので外には持ち出しませんが…

家の一番真ん中!どこでも目に入る場所につけています。

 

実用性はないっちゃないですけどね。

これがあるから、私の家に来た友人は必ず「あぁ、秋の部屋やわ」と言うんですよ。

モノが少ないけど、私らしい部屋、私だけの部屋。

そういうのが良いと思います。

 

あとがき

以上、秋の趣味のものに対する価値観でした。

ミニマリストを極める人とはまた違った見方かもしれませんけど、まぁ人それぞれで良いでしょう。

私は別にミニマリストに憧れているわけでも、目指しているわけではないですからね。

これが私の普通のスタイルですから。

最後までお読みいただきありがとうございました。