渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

ミニマリスト系20代女子学生、秋の所有カバンはいつも3つ

いつも日付が回った頃に学校から帰宅して、寝る前にポチポチと記事をスマホで書いている秋(シュウ)です。翌日のスキマ時間にPCを使ってレイアウトを整えて投稿する感じですね(スマホで完結できるようにならないかな...)。

「どこのブラック企業だよっ」とホワイトな会社に就職した同級生によく突っ込まれるのですが、実験系の理系院生なんてどこもこんなもんだと思ってます。

そこらへんのライフスタイルや考え方についてもいずれ記事にまとめたいとは思っていますが、当分はシンプルな暮らしとか余計なものを持たない暮らしとか、いわゆる "ミニマリスト"に関してです。

 

今回はカバンの話をしたいと思います。どうぞ最後までスクロールしてってくださいな。

 

秋の所有カバンはいつも3つ

皆さんカバンはいくつお持ちですか?

以前に記事に登場した友人A(私に"ミニマリスト"という言葉を教えてくれた人)は10以上のカバンを持っていて、それらを整理するために玄関脇にカバンをかけるポールを置いていました。

服や靴、アクセサリー全般に言えることかもしれませんが、「たくさん持っている=おしゃれ」の考え方はあると思います。

その日の洋服に合わせてかばんを変えるのが彼女にとっての普通なようです。

 

ただ、私にとってそれは非常にめんどくさいように思え、可能であれば1つのかばんで全部済ませたいのです。

収納する場所も特別な収納道具もいりませんし、荷物を入れっぱなしにしとけば忘れ物をする確立は減ると思います。

 

いろいろなケースを考えると1つでは済まないので、私の家には常に3つのかばんがあります。これは自信をもって「私にとっての最小単位」であると言えます。これ以上減らしたくても減らせません...

f:id:SHUnoTORI:20170627010517j:image

って全部黒いですね。笑

前に使っていた普段使い用バッグは青色でしたし、ミニバッグは白でしたから、集合させた時にもうちょっと見栄えがあったかもしれませんが。

基本的に持ち物は「モノトーン or 青系」です。色のテーマを決めとけばどんな組み合わせも違和感なくいけますからね。

では順番に紹介していきます。

 

普段使いのボストンバッグ

f:id:SHUnoTORI:20170624112208j:plain

 

これは以前の記事↓にも登場したものです。

基本的にはこれです。布製のボストンバッグ。

一番使用頻度が高いから一番入れ替わりが激しいです。

 

ビジネス用のバッグ 

f:id:SHUnoTORI:20170627010650j:image

主にスーツを着る時に持ち歩いています。

ビジネスカジュアルが流行ってきたとはいえ、フォーマルな場所に布製のバッグっていうのもね...

床においた時に自立して、PCを入れて持ち歩いてもある程度の衝撃を吸収してくれる素材です。

普段使いしても違和感ないデザインだとは思ってますが、布製の方が使い勝手が良いのです。

大学入学時に買って、未だに現役です。

出番が少ないですからね...

 

両手を空けられるミニバッグ

f:id:SHUnoTORI:20170627010533j:image

ちょっとした荷物を入れたい時、両手を空けたい時に使うかばんです。

なるべくコンパクトで、でも一通りのものは入る大きさのものです。

ショルダーバックの前は、ウエストポーチでした。 

ウエストポーチにはペットボトルが入らなかったので、その点この子の方が良いと思ってます。 

 

宿泊を伴う移動はこれら3つのかばんを組み合わせて

日帰りの移動は基本かばん1つですが、宿泊を伴うときはこれらの組み合わせてを変えてます。

 

出張の時は①と②

ビジネス用のカバンに昼間入れるものを全部入れて、着替え等をボストンバッグに詰めてホテルに置いとくなり、どこかに預けるなりしてます。

 

遊びの時は①と③

遊ぶ時は身軽な方が良いですよね。同じく着替え等はボストンバッグに入れて、昼間は身軽な格好をしてます。

 

ちなみに何泊になろうともこれ以上荷物は増えません。スーツケースも持ってはいるのですが、本来のスーツケースの使い方はしてません。いずれ紹介します。

 

特別なカバンが必要な時はレンタルする

この3つのカバンで対応できない時、例えば結婚式に出席するときなどはレンタルで良いと思ってます。

そう年に何回も無いイベントのために、所持品は増やしたくはないんですよね。ほら、引っ越しの時大変ですから。笑

 

 

あとがき

意図せず書いたんですけど、参加グループ(ミニマリスト - はてなブログ グループ)の新着情報をみると、あらそっくり。笑

親近感がわいたのでご紹介してみました。

www.nanahoshi-hiroba.com

 

さて今回はここまで。

お読みいただきありがとうございました。