渡り鳥になりたい

最初からミニマリストな理系大学院生(博士課程)の日常

20代女子学生の持ち歩きカバンとメイクポーチの中身を公開します

【2017/8 更新】

閲覧ありがとうございます。

ずーと同じ生活スタイルを物心付いた時から続けている私が、3ヶ月前に "ミニマリスト" という言葉を知り、調べれば調べるほど「それ私の普通の生活スタイルじゃん!」と思い、世間の流れに驚いている秋(シュウ)です。

幼少期に私のことを冷ややかな目でみていた同級生が、断捨離についての悩み相談のメールを送ってきたのが1ヶ月前の話です。「そもそも捨てるほどのモノを買うなよ!」と盛大に突っ込んでから、懐かしい昔話に盛り上がりましたとさ。

ブームはきっといつか去るでしょうけど、今だったら私の話を聞いてくれる人がいるかな?共感してくれる人がいるかな?

 

 

今回は秋の普段持ち歩いているカバンについてです。

はい、こちら↓ 

f:id:SHUnoTORI:20170624112208j:image

 

 

布製のボストンバッグが好き

黒い布製のかばんです。これって分類的にはボストンバッグで良いんですかね?

洋服とかもそうですけど、モノの種類別の名前に全然興味がありません。記事を書くにあたり、わざわざググりましたもん。笑

女性が持つバッグ18種類の特徴まとめ

一般的な世の女性って、こうもバッグを使い分けてるんですかね?以下サイトより引用です。

バッグ選びは、簡単なようで難しいです。デザインと収納性を踏まえたうえで、使うシーンに合わせて持ち歩く必要があります。

えー面倒臭いでしょ!?

私は仕事もプライベートもこれ1つです。モノが無くても布製ですからかさばりませんし、重いものも大きいものもじゃんじゃん入ります。何泊の旅行の時もコレ+ミニバッグで対応している秋です。

バッグがコーディネートに合ってないと、いくら素敵な着こなしをしていても、なんとなく浮いた印象を作ってしまいます。

まぁ、かばんに限らずメーカーの方はあの手この手売りたいですからね。

全部に乗っかろうと思うといくらお金と時間があっても足りないと思います。結局自分に合うものを早い段階で見つけるしかないんですかね。

私はちゃんと "自分の好きじゃないモノ" 分かってますよ。

  • リュック→背中が蒸れて嫌
  • 肩がけ系→長いひもが邪魔
  • エコバック的なやつ(トートバックって言うのさっきのサイトで初めて知りました)→中身丸見えはちょっと...
  • 小さいバッグ→普段使いには荷物増えたときに対応できないからな...

ということでずっとこのようなタイプのカバンを使っています。

消耗が激しいので(良く見ると底の方が結構スレてる)数年置きに良さ気な類似のものを探して買い替えています。メーカーには特にこだわっていませんので、千円くらいの適当なものです。

 

今使っているのは3、4年くらい前からあるものですかね?使用年数は長い方に入ります。

実はこないだ中の布が破れたんですよね。 ささっと応急処置をしてみました。

f:id:SHUnoTORI:20170624112213j:image

 我ながら、雑...ですね。苦笑

f:id:SHUnoTORI:20170624112225j:image

でもほら、外側からは縫い目が見えないからいいんです!

底の布もそろそろ危なくなってきたので、近々替えようと思います。

(と思ってから半年くらい立ってますが...)

 

20代女子学生の持ち歩きカバンの中身

中身を全部机の上に並べてみました(基本入れっぱなし)。

↓こちらが私、秋(20代女子学生)のかばんの中身です。

学校に行く時も、買い物に行く時も、プライベートで遊びに行く時も、ほぼほぼこんな感じです。  

 f:id:SHUnoTORI:20170624134637j:image

1.  A5ノート/下敷き/青フリクション

忘れっぽいですから、メモ魔ですよ。

いつでもさっとメモできるようにペンはノートにさした状態です。消したり書いたりできるのでフリクションを愛用してます。やっぱり青が好き。

中身はぐちゃぐちゃです。研究のディスカッションの隣にブログのネタのメモがあったり、語学の勉強の後に日記を綴ったり...

一冊使い終わったら、重要そうな部分(主に研究に関すること)のみスキャンして電子ファイルにしています。 

2. タオルハンカチ 

水に濡れてもひと通りは拭けるくらいの吸水力のあるタオルというかハンカチというかを使っています。まぁタオルハンカチという名称で良いんですよね。青も水色も好き。

3. メイクポーチ 

最低限のメイクはしています。その他小物類は全部この中です。

ちなみにポーチ本体はいただきものです。確かハワイのおみやげ(←ほら、忘れっぽい)。秋の好きな色を選んでくれてありがとう。

4. メガネケース 

裸眼の視力は0.4くらいです。普段は裸眼で過ごしていますけど、細かいところはやっぱり見えないのでメガネは常に持ち歩いてます。

常にメガネをするのは疲れるんですよ...で、コンタクトはアレルギーがひどいため無理です。

5. 財布 

ポケットに突っ込みたい時が多々あるから、2つ折派です。現金主義です。青も紺も好き。

6. スマホ 

iphone6です。一度画面を割ってしまってから、ケースカバーと落下防止リングをつけるようになりました。これも紺ですね。

7. 音楽プレーヤー/イヤホンコード 

ipod shuffleです。徒歩30分くらいかけて通学してるので、その間に音楽を聞いたり語学の勉強したりしてます。iphoneでも良いんですけど、電池のことも考えると分けた方がいいかなぁと思いまして。

 

せっかくなのでポーチの中身も公開

↓メイクポーチの中はこんな感じです。

容量的にはこれで6、7割方ですから、季節商品を入れたり、ちょっとしたものを入れたりしてますね。先月は花粉対策用の薬と点鼻薬が入ってました。

f:id:SHUnoTORI:20170624134642j:image

 

↓これもざっくりと並べてみました。

1つ1つは小さいのであんまり気にしてなかったんですけど、数にすると結構多い印象ですかね?

まぁ、メイク用品はここにあるくらいです。使い切ってから新しいのを買ってるのでストックは無いです。というより基本ストックという概念は無いです。(最初から◯個入り、のように売っているものを除く。ティッシュとか石鹸とか)

f:id:SHUnoTORI:20170624134932j:image

1.  ウェットティッシュ

便利です。これは自分で買ったものですけど、広告の入ったものを持ち歩いてる時期も多いです。使用できれば何でも良いです。

2.  折りたたみミラー

拡大鏡付き。メイク直しに重宝してます。

3.  コーム

そういえばこれは外ではあんまり使ってないな...

お風呂前に髪を梳かすのに使ってます。 

4.  髪ゴム/ヘアピン

ちょっと髪を止めたい時に。

髪じゃなくても、ちょっとコードをまとめたい時に、ちょっとノートをはさみたい時に...輪ゴムとかクリップに役割も兼ねてます。

5.  デンタルフロス

あんまり使わないけど、たまに使うもの。

個包装になってるものを1個だけ持ち歩いてます。

6.  ヴィップス

のど飴ですね。しょっちゅう喉が痛くなります。そういう時に限って人前で話をしなきゃいけなくなるのでいつも持ち歩いてます。レモンとかグレープフルーツとか梅とか、酸味の効いたものが好き。

7.  眉ハサミ

という商標名ですが、普通のハサミとして使ってます。

8.  ファンデーション

ヴァントルテのミネラルUVファンデーションです。

下地不要、日焼け止め不要、石鹸で落ちる、持ち運び出来るファンデーション。ヴァントルテ以外の会社で類似商品を見ないので(ブラシでつけるタイプは面倒くさそう)、これは拘っています。

近くに実店舗が無いので通販ですね。

9.  クリームチーク

メーカー忘れました。なくなりかけていたのでミニ容器(旅行用)に詰め替えて使っています。

10.  アイブロウ

ケイトのペンシルとチップのついたタイプです。別にメーカーは拘ってません。

11.  カラーリップ

これもケイトですね。たまたまだと思います。唇が乾燥せすにそこそこ色が付けばなんでも良いです。口紅のこってり感は苦手なので、もっぱらカラーリップです。

12.  ハンドクリーム

これもメーカー忘れました。オレンジの香りが心地よくて結構気にいってます。メーカーを忘れたのでリピードできませんが...まぁ良いです。ハンドクリームでハズレを引く方がレアです。

13.  目薬

必須です。このポーチ内で1個だけ持ちモノを選べ、と言われたら目薬ですよ。

無ければ詰みます。でもメーカーはどこでも良いです。

 

アイメイクはする習慣がありませんし(目小さいんですけどね)、アイメイク関連のモノは全然持ってません。

 

こだわるモノとどうでもいいモノ

「持ち物全部をこだわりのお気に入りのモノにしよう!」というのに憧れていた時期も私はにありました。

でも、 探すのが手間ですしストレスですし、それ以外のモノを使えなくなってしまうのは、あっちこっちに移動して生活したい私には無理だと思いました。

例えばシャンプーにこだわると、ホテル備え付けのものに違和感があって、で、だから自分の専用品を持ってかないといけないと...身軽にはなれませんよね。

だから私はこだわるものはとことんこだわります。そのかわりその他のものは何でもいいです。全くこだわりが無いのも無個性でつまらないと思いますからね。

「こだわるほど持ち物に愛着がわく」というのは真理だと思います。誰の言葉だったのかは忘れてしまいましたが...

 

このリストで言えば色の付いているもの。

フリクションとiPhoneとipot、ヴィップスとヴァントルテのミネラルファンデーション。

これらは無くなったり壊れたりしても、同じものを買うと思います(iPhoneのバージョンは上がるかもしれませんが)。

このバランスが余計な物欲を無くしてるのかなぁと思ってたりします。今度ちゃんと分析記事でも書きますか(理論的に分析できたらね)。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。